2022.08.11., 木曜日
Sponsored by

オークション

市場報告:切手と郵便史に関連した注目の標本(2022年7月)

切手オークションでは2022年上半期に、古典から現代のものまで高値の新記録がいくつか達成されました。現在の市場において、富裕層の切手収集家の他に投資家も重要な役割を果たしています。

キューンカー社のオークション・レヴュー:過去最高水準のコイン価格

1280万ユーロ、これはキューンカー社がこれまでに主催してきた、最も高い夏期オークション・ウィークで達成した総売上高です。その中で10万ユーロ台(約1千万円台)の結果を最も多くもたらしたのは、チェコスロバキアの金貨のパヴェル・リスカ博士コレクションです。しかし、他の分野も高騰しています。本記事では、全4冊のカタログのトップの結果をご紹介いたします。

オークション・レヴュー:Gadoury社春期オークションの10枚の注目コイン

パリの裕福な製造業者フェルナン・ダヴィッド氏は、20世紀初頭の最も有名な蒐集家の一人でした。最近、モナコのEditions V. Gadoury社のオークションに、その優れたコレクションの一部が出品されました。本記事では、落札価格の最も高い10枚のコインをご紹介いたします。

アトラス・ヌミスマティクス、7月の販売価格の最新情報

アトラス・ヌミスマティクス社(Atlas Numismatics)は新たに366枚の高品質のコイン・メダル・トークンを固定価格で販売します。

7月の固定価格商品:シェナー・シュミット・コイン販売店のアンティークコイン

シェナー・シュミット・ヌミスマティクス・コイン販売店(Shanna Schmidt Numismatics)はそのオンラインショップで古代及び他の時代の高品質コインを提供しています。最新のハイライトをこちらでご紹介いたします。

市場報告:注目の切手と郵便史に関連した珍品(2022年6月)

2022年の春にかけて行われたオークションでは、日本の切手と日本の郵便史に関連した特別な珍品がいくつか出品されました。

オークション・プレヴュー:キューンカー社の夏季オークションで多数のコレクションが出品予定

ブランデンブルク=プロイセンの珍品を含むベルリンのシュパーカッセ貯蓄銀行のコレクション「貨幣におけるザクセン(Saxonia in Nummis)」、金貨のケールモース・コレクション、そしてチェコスロバキアのコインのリスカ・コレクション。これらは、キューンカー社の夏季オークションで出品される個人コレクションの一部にしか過ぎません。

アトラス・ヌミスマティクス、6月の販売価格の最新情報

アトラス・ヌミスマティクス社(Atlas Numismatics)は新たに153枚の高品質なコイン・メダル・トークンを固定価格で販売します。

NGC:中国と英国の希少品が泰星コインのオークションで落札

NGC社鑑定済みの多くの中国と英国のコインが泰星コインと英国王立造幣局の共同オークションで高値を達成しました。3枚の中国コインはそれぞれ落札価格が100万ドルを超え、一枚の希少な英国ソブリン硬貨も90万ドル弱の値段で落札されました。

オークション・レヴュー: ケルトのコインが最高値をもたらす

キュンカー(Künker)社の春のオークションが、2022年3月21日~ 25日までと、4月 4日~ 6日まで開催されました。このオークションは、過去最高の売上高を達成したオークション・ウィークとして、同社の歴史に刻まれるでしょう。こちらでケルト・ギリシャ・ローマそれぞれのトップ3のコインをご紹介いたします。
error: