2024.02.26., 月曜日
Sponsored by

基本情報

私たちは子供のころからお金の価値を学んできました。例えば、1944年12月、ケンブリッジシャーの写真の子供たちのように、食料品を購入する際、どれほどのお金でどれ位の買い物ができるか、遊びながら学んでいるのです。この子供たちは27年後、新しい貨幣システムに容易に慣れることができたでしょうか? 写真: Imperial War Museum / Public Domain

忘れ去られたD-Day:追憶と忘却〔第9部〕

1971年、イギリスは143年間にわたる徹底的な検討の末、主要国の中で通貨を10進法化した最後の国家となりました。この注目すべき変化がどのようにして起こったかについては、こちらの新シリーズでサイモン・バイスウェイ氏に解説していただきます。
コンピューターがまだこのような形状だった頃、イングランド銀行はコンピューター化事業所を設置した。写真: Tekniska museet / CC BY 4.0.

忘れ去られたD-Day:「D-Day」とインフレ〔第8部〕

1971年、イギリスは143年間にわたる徹底的な検討の末、主要国の中で通貨を10進法化した最後の国家となりました。この注目すべき変化がどのようにして起こったかについては、こちらの新シリーズでサイモン・バイスウェイ氏に解説していただきます。
この10進法計算器は、ポンド、シリング、ペンスから、1971年の10進法通貨への移行を容易にするために製作された。

忘れ去られたD-Day:「D-Day」の理由とその利点〔第7部〕

1971年、イギリスは143年間にわたる徹底的な検討の末、主要国の中で通貨を10進法化した最後の国家となりました。この注目すべき変化がどのようにして起こったかについては、こちらの新シリーズでサイモン・バイスウェイ氏に解説していただきます。

忘れ去られたD-Day:「D-Day」の由来〔第6部〕

1971年、イギリスは143年間にわたる徹底的な検討の末、主要国の中で通貨を10進法化した最後の国家となりました。この注目すべき変化がどのようにして起こったかについては、こちらの新シリーズでサイモン・バイスウェイ氏に解説していただきます。

コインに刻印された船、その2

『船』はコイン蒐集家に最も愛好されるモチーフの一つです。数百年にわたる船をモチーフにしたコインを、皆様とご一緒に年代順に見ていきましょう。

忘れ去られたD-Day:10あるいは16、20、60進法〔第5部〕

1971年、イギリスは143年間にわたる徹底的な検討の末、主要国の中で通貨を10進法化した最後の国家となりました。この注目すべき変化がどのようにして起こったかについては、こちらの新シリーズでサイモン・バイスウェイ氏に解説していただきます。

コインに刻印された船、その1

『船』はコイン蒐集家に最も愛好されるモチーフの一つです。数百年にわたる船をモチーフにしたコインを、皆様とご一緒に年代順に見ていきましょう。

忘れ去られたD-Day:10あるいは12進法〔第4部〕

1971年、イギリスは143年間にわたる徹底的な検討の末、主要国の中で通貨を10進法化した最後の国家となりました。この注目すべき変化がどのようにして起こったかについては、こちらの新シリーズでサイモン・バイスウェイ氏に解説していただきます。

忘れ去られたD-Day:10進法の由来〔第3部〕

1971年、イギリスは143年間にわたる徹底的な検討の末、主要国の中で通貨を10進法化した最後の国家となりました。この注目すべき変化がどのようにして起こったかについては、こちらの新シリーズでサイモン・バイスウェイ氏に解説していただきます。

忘れ去られたD-Day:10進法と合わない硬貨とその価値観 【第2部】

1971年、イギリスは143年間にわたる徹底的な検討の末、主要国の中で通貨を10進法化した最後の国家となりました。この注目すべき変化がどのようにして起こったかについては、こちらの新シリーズでサイモン・バイスウェイ氏に解説していただきます。

明治以前の日本における金貨鋳造

本記事では、アメリカ貨幣協会のデーヴィッド・ユン氏が、明治以前の日本の金貨についてご解説のうえ、当団体のデータベースからの標本をご紹介してくださいます。

忘れ去られたD-Day : 10対12 【第1部】

1971年、イギリスは143年間にわたる徹底的な検討の末、主要国の中で通貨を10進法化した最後の国家となりました。この注目すべき変化がどのようにして起こったかについては、こちらの新シリーズでサイモン・バイスウェイ氏に解説していただきます。

日本貨幣関係史12:日英同盟下における日英中央銀行間の協力関係、1895-1921

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします。

日本貨幣関係史11:「日清戦争」の賠償金とその支払い方法

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします。

日本貨幣関係史10:「日本銀行兌換銀券」の誕生と紙幣の統一

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします。

洗浄、緑青、ブロンズ病など コインの価格を左右する要素(その2)

コインの価格は、希少性と保存状態によってのみ決定されるものではありません。第1部で取り扱った鋳造不備の続きとして、本記事では使用形跡、洗浄、天候などの外的要因について解説いたします。

硬貨地板不備、影打ち、二度打ちなど コインの価格を左右する鋳造不備(その1)

コインの価格は、希少性と保存状態によってのみ決定されるものではありません。その他にも価格を上下させる要素があります。この記事は、よく出てくる用語を理解した上で、ご自身で使えるようになるためのガイドです。

日本貨幣関係史9:松方財政と「日本銀行」の設立

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします。

日本貨幣関係史8:国立銀行の設立

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします。

米国におけるコインのグレード制度:シェルドンスケール・鑑定会社・ホルダー

ヨーロッパに由来する典型的なコインのグレード制度は、米国ではほとんど使用されることがなくなってしまいました。それは、1970年以降、米国で世界中のコイン取引に強い影響を与えた様々な改革が進められたからです。本記事では、それらの改革とその成功の理由を解説いたします。

日本貨幣関係史7:為替会社の設立

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします。

オーストリアのカラフルな金属:ニオブ硬貨

2003年、オーストリア造幣局はコインの世界に興味深い性質をもつ新たな金属、ニオブを導入しました。この金属の成功の過程を以下でご紹介いたします。

日本貨幣関係史6:明治政権発足当初と紙幣改革

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします。

魅力的な釣り銭:画期的な米国の50州25セント硬貨 

米国は、50州25セント硬貨の発行をもって一般的なアメリカ人だけでなく、若い世代にまでコインに対する情熱を再燃させることに成功しました。このシリーズの特徴は何だったのか、本記事で回顧します。

日本貨幣関係史5:明治政権発足当初の紙幣発行

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします。

意外と簡単なオークション出品方法

適正な価格で売りたいと思うコインをお持ちでしたら、オークションをお薦めいたします。この記事では、どのようにしてオークション会社を選んだら良いのかよく分からない方のために、実際に役に立つヒントをご紹介いたします。

最先端のコイン鋳造技術

今日のコイン鋳造においてはカラー着色、特殊な形状、インレー、微細文字、潜像、そしてホログラム等という様々な技術が使われています。それらの中でも潜像や微細文字、そしてカラー着色技術は通貨として流通しているコインにも適用されています。この記事では、今日のコイン鋳造の様々な技術を簡単にまとめてご紹介いたします。

日本貨幣関係史4:新貨条例と金本位制の採用の試み

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします。

日本貨幣関係史3:明治期における貨幣改革と圓の誕生

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします

グレードとは何か?

本記事では、コインに興味をお持ちながらもコイン収集世界にまだ詳しくない方のために、極めて重要なテーマであるグレードの基本をご説明いたします。その際、注意すべき点や、読者の皆様から寄せられるよくある質問にもお答えいたします。
error: Alert: Content selection is disabled!!