2023.01.30., 月曜日
Sponsored by

ニュース

今月の注目コイン(2023年1月)

今月新たに発行されたコインの中で、私どもが厳選した10枚のお気に入りのコインを発表いたします。

2023年COTY賞受賞貨幣が発表

2023年COTY賞の受賞貨幣が発表されました。カナダ、オーストリア、そしてウクライナは今回、それぞれ個別賞で数回入賞しました。すべての入賞したコインをご紹介いたします。

Greysheet提供:市場の動き(2023年1月)

毎月のコラム「市場の動き」では、米誌「The Monthly Greysheet」の編集者であるパトリック・イアン・ペレズ氏にアメリカのコイン市場の動向についてご報告をいただきます。

Greysheet提供:市場の動き(2022年12月)

毎月のコラム「市場の動き」では、米誌「The Monthly Greysheet」の編集者であるパトリック・イアン・ペレズ氏にアメリカのコイン市場の動向についてご報告をいただきます。

今月の注目コイン(12月)

今月新たに発行されたコインの中で、私どもが厳選した10枚のお気に入りのコインを発表いたします。今回は「世界最小のコイン」記録更新のコインを掲載!

韓国コインに関する新たな基本図書

韓国語を話せずに韓国コインを収集するのは、かなり困難なことでしょう。そこでこの度、韓国コイン専門家のマーク・ロヴモ氏が、そのギャップを埋めるべく、1950年代から1980年代以降にまで及ぶ『発展時代における韓国コイン』という英文著書を出版しました。

今月の注目コイン(11月)

今月新たに発行されたコインの中で、私どもが厳選した10枚のお気に入りのコインを発表いたします。

2023年マカオの太陰ウサギ

シンガポール造幣局は、2023年が卯年になることを機に、ウサギをモチーフとしたマカオ太陰コインシリーズの第4弾(2020年〜2031年)を発表しました。裏面は、マカオの世界遺産が描かれています。

Greysheet提供:市場の動き(2022年11月)

毎月のコラム「市場の動き」では、米誌「The Monthly Greysheet」の編集者であるパトリック・イアン・ペレズ氏にアメリカのコイン市場の動向についてご報告をいただきます。

Numismatic Guaranty Company社設立35周年

2022年、Numismatic Guaranty Company社は設立35周年を迎えます。1987年以来、NGC社は5500万枚以上ものコイン、メダル、トークンなどを鑑定し、スラブケースに封入してきました。今日、このサービスの需要は世界中で高まっています。

国際貨幣会議での陶酔感

ついに、7年の時を経て2022年9月11日から16日にかけてポーランドのワルシャワで第16回国際貨幣会議が開催されました。2020年の春以来、初めての大規模イベントであったため、参加者は高揚感で満ち溢れていたと言っても過言ではありません。こちらは弊社の創設者ウルズラ・カンプマンの体験記録になります。

比類なきセット:バイエルンのゲシヒツターラーの再鋳金貨

19世紀のコインの中で、バイエルン王ルートヴィヒ1世の作った、現代的な意味での最初の記念貨シリーズほどドイツのコイン鋳造にとって重要な19世紀のコインはないでしょう。フィリップ・フォン=フェラーリ氏は1902年、バイエルン中央造幣局にそのシリーズの再鋳貨の鋳造を依頼しました。Numismatica Genevensisオークション会社が今回の秋期オークションでその中の7枚のコインを出品する予定です。

韓国の新しいコインショー:蔚山マネー・フェア2022年

韓国では新型コロナウイルス感染症の拡大以降、コイン収集の人気が大きく高まりました。この発展を推進するために、蔚山広域市は2022年11月に初めての蔚山マネー・フェアを開催することを決定しました。

Greysheet提供:市場の動き(2022年10月)

毎月のコラム「市場の動き」では、米誌「The Monthly Greysheet」の編集者であるパトリック・イアン・ペレズ氏にアメリカのコイン市場の動向についてご報告をいただきます。

今月の注目コイン(10月)

今月新たに発行されたコインの中で、私どもが厳選した10枚のお気に入りのコインを発表いたします。

今月の注目コイン(9月)

今月新たに発行されたコインの中で、私どもが厳選した10枚のお気に入りのコインを発表いたします。

注目の新発行コイン:日本鉄道開業150周年記念貨幣

1872年、つまり今から150年前に日本初の鉄道が開業しました。これを記念して、財務省は記念貨幣を発行することを決定しました。

ワールズ・フェア・オフ・マネー

2022年8月16日から20日にかけて、シカゴでANAの盛大な国際的なコインショーの「ワールズ・フェア・オフ・マネー」が開催されました。新型コロナウイルス感染症の世界的拡大前とほぼ同様、ものによって少し良くなっている部分もありました。本記事では、写真を通じて雰囲気をお伝えいたします。

泰星コイン株式会社 新代表取締役社長が就任

泰星コイン株式会社は、何十年にもわたり岡政博氏が代表取締役社長を務め、成功を収めてきました。この度、岡氏は会長に就任されることとなり、馬場晋作氏が後任に就きました。

CIT社の夏期発売の注目コイン

リヒテンシュタインのCIT社は、コイン市場において、最も興味深いコインを発行している会社の一つです。今回の夏期発売では33枚のコインが登場します。

Greysheet提供:市場の動き(2022年9月)

毎月のコラム「市場の動き」では、米誌「The Monthly Greysheet」の編集者であるパトリック・イアン・ペレズ氏にアメリカのコイン市場の動向についてご報告をいただきます。

Greysheet提供:市場の動き(2022年7月)

毎月のコラム「市場の動き」では、米誌「The Monthly Greysheet」の編集者であるパトリック・イアン・ペレズ氏にアメリカのコイン市場の動向についてご報告をいただきます。

記録:スイス連邦史上の最も高価な10枚のコイン

本記事では、1848年の憲法制定によって建国されたスイス連邦の歴史の中で、これまでオークションで落札された最も高価なコイン10枚をご紹介いたします。

今月の注目コイン(7月)

今月新たに発行されたコインの中で、私どもが厳選した10枚のお気に入りのコインを発表いたします。

旅行のお土産で死刑?

イラクでイギリス人とドイツ人が古代貴重品密輸の罪で裁判にかけられました。いくつかの古い破片と大理石のかけらをお土産として自国に持ち帰ろうとしたせいで、死刑を科される可能性もありました。つい最近、その判決が下されました。

世界で最も高価なノーベル賞メダルでユニセフに貢献

ドミトリー・ムラトフ氏が受賞した2021年ノーベル平和賞のメダルは、ヘリテージ社のオークションで新たな記録を更新しました。約140億円で落札されたこのメダルは、それまでに貨幣のために支払われた最高額を遥かに上回ります。そしてその用途はなんと、ユニセフへの寄付という大義のためでした。

Greysheet提供:市場の動き(2022年6月)

毎月のコラム「市場の動き」では、米誌「The Monthly Greysheet」の編集者であるパトリック・イアン・ペレズ氏にアメリカのコイン市場の動向についてご報告をいただきます。

今月の注目コイン(6月)

今月新たに発行されたコインの中で、私どもが厳選した10枚のお気に入りのコインを発表いたします。

夏季の主要な貨幣イベント

今後数ヶ月の間に貨幣業界では、混乱しそうになるほど似た名前の大規模イベントが2つ開催されます。本記事では、それぞれのイベントの内容とそこで期待されることについて概観いたします。

Numismatic Literary Guild パトリック・イアン・ペレズ氏を常任理事に任命

Numismatic Literary Guildの執行理事会はパトリック・イアン・ペレズ氏を当組織の常任理事に任命しました。ペレズ氏は毎月Greysheet誌のために、弊社も掲載しています米国のコイン市場分析報告を執筆していただいています。
error: