2022.05.21., 土曜日
Sponsored by

オークション

NGC:中国と英国の希少品が泰星コインのオークションで落札

NGC社鑑定済みの多くの中国と英国のコインが泰星コインと英国王立造幣局の共同オークションで高値を達成しました。3枚の中国コインはそれぞれ落札価格が100万ドルを超え、一枚の希少な英国ソブリン硬貨も90万ドル弱の値段で落札されました。

オークション・レヴュー: ケルトのコインが最高値をもたらす

キュンカー(Künker)社の春のオークションが、2022年3月21日~ 25日までと、4月 4日~ 6日まで開催されました。このオークションは、過去最高の売上高を達成したオークション・ウィークとして、同社の歴史に刻まれるでしょう。こちらでケルト・ギリシャ・ローマそれぞれのトップ3のコインをご紹介いたします。

アトラス・ヌミスマティクス、5月の販売価格の最新情報

アトラス・ヌミスマティクス(Atlas Numismatics)社は新たに販売する389枚の高品質なコイン・メダル・トークンの固定価格を掲載した最新のリストを発表しました。

オークション・プレヴュー: 英国王立造幣局と泰星コインの初の共同オークション

英国王立造幣局と泰星コインの初の共同オークションが、『東京国際コイン・コンヴェンション(TICC)2022』において開催されます。イギリス、中国、日本からの大珍品が出品されます。こちらで、その中で厳選した注目のコインをご紹介いたします。

オークション・レヴュー: キュンカー(Künker)社、春のオークション・ウィーク 第一部

キュンカー(Künker)社の春のオークション・ウィーク第一部の合計最終落札価格は、落札予想価格の650万ユーロ(約8.8億円)を2倍以上も超える1480万ユーロ(約20億円)という素晴らしい結果になりました。オランダで鋳造された一枚のコインの最終落札価格は、ドイツ史上で最高の落札価格を記録しました。

シャナ・シュミット社のアンティーク・コイン、固定価格でのオファー

コイン販売会社のシャナ・シュミット・ヌミスマティック社は、古代並びにその他の年代物の最高級アンティーク・コインをオンラインショップで販売します。こちらで、その中のハイライト品をご紹介いたします。

アトラス・ヌミスマティクス社、4月の販売価格の最新情報

アトラス・ヌミスマティクス(Atlas Numismatics)社は新たに販売する164枚の高品質なコイン・メダル・トークンの固定価格を掲載した最新のリストを発表しました。その中の注目のコインをご紹介いたします。

オークション・プレヴュー: Künker社の春のオークション第二部、精選のアンティーク・コイン

Künker社の春オークションの第二部は、アンティーク・コインに完全に特化しています。ギリシャ、共和政ローマ、帝国時代ローマ等の優れたコレクションに加え、世界一流のケルト・コインのコレクションを含んだフレシェ・コレクションが出品されます。

オークション・レヴュー:ヘリテージ社の「FUN」オークション、7400万ドル超を達成

ヘリテージ社の「FUN」シグネチャー・オークションは、予想を遥かに超えるものでした。米国コイン、貨幣、そして世界の紙幣が売買される3つのオークションは、7400万ドル以上を達成しました。その中で、それぞれ100万ドル以上で落札された7つのロットを、こちらでご紹介いたします。

オークション・プレヴュー:サルトン、ケールモース、ヴェルフの世界一流のコレクションがKünker社のオークションに登場

Künker社はその春オークション・ウィークを、一週間で足りないほど重要な個人のコレクションが多く出品される予定ゆえに、二つのパートに分けて開催します。一週目のハイライトは、サルトン、ケールモース、そしてヴェルフの三つのコレクションです。

オークション・レヴュー:Künker社開催のオークション、772のロットが合計1040万ユーロで落札 – 最高落札価格の5品をご紹介

2022年1月26日にKünker社の1月オークションが開催されました。その内、8つのロットが数十万ユーロの価格帯を突破しました。こちらで、最高落札価格の品々をご紹介いたします。

オークション・プレヴュー:19世紀の忘れられたコレクションが市場に登場

フェルナン・ダヴィッド(Fernand David)氏は、フランスにおいて1900年頃の最も重要な収集家の一人でした。Éditions Victor Gadoury and Alain Weil社は2022年3月12日、ダヴィッド氏の多岐にわたるコレクションをオークションに出品します。その中心となっているのはローマとフランスの金貨です。

ヘリテージの2022年最初のオークションは世界中の希少品で幕開け

ヘリテージ・オークションズ社は2022年1月10日から19日まで開催されるニューヨーク国際オークションにおいて、世界中から多数の希少なコインを出品します。特にイギリスとラテンアメリカからは、落札予想価格40万ドルの1839年の「ウナとライオン」のようなレベルの希少なコインが出品されます。

オークション・プレヴュー:最高品質コイン、幅広い価格帯から出品の予定

2022年2月1日から2日にかけてKünker社が開催するオークションに、究極の美品を追求する収集家のコレクションが出品される予定です。その中には落札予想価格10ユーロのコインから4桁の珍品まで、保存状態の完璧なコインが幅広く含まれています。

オークション・プレヴュー:Künker社の最高級ターラー銀貨

Künker社は1月、合計で700万ユーロと見積もられているおおよそ800ものロットが出品されているオークション358及びオークション359を開催予定です。オークション358には保存状態の非常に優れたターラー銀貨の「Köhlmoos」コレクションが含まれています。

未使用品以外のコインにもご注目

最高保存状態のコインは現在、非常に値段が高いです。そのため、保存状態の異なるものにも目を向けるべきかもしれません。この記事では、ハイデルベルク・コイン販売店(Heidelberger Münzhandlung)のオークション83のいくつかの例をご紹介いたします。