2024.04.23., 火曜日
Sponsored by

 

14763 投稿 0 コメント

オークション・プレヴュー: 古代 & 勲章 – キューンカー社 冬季オークション(11月)

ローマ史に精通しているコレクター垂涎の古代ローマのコイン、その他、多数の金貨を含む古代世界のコインの数々、素晴らしい出自の勲章や栄誉賞などが、11月のキューンカー社冬季オークションの目玉となっています。
私たちは子供のころからお金の価値を学んできました。例えば、1944年12月、ケンブリッジシャーの写真の子供たちのように、食料品を購入する際、どれほどのお金でどれ位の買い物ができるか、遊びながら学んでいるのです。この子供たちは27年後、新しい貨幣システムに容易に慣れることができたでしょうか? 写真: Imperial War Museum / Public Domain

忘れ去られたD-Day:追憶と忘却〔第9部〕

1971年、イギリスは143年間にわたる徹底的な検討の末、主要国の中で通貨を10進法化した最後の国家となりました。この注目すべき変化がどのようにして起こったかについては、こちらの新シリーズでサイモン・バイスウェイ氏に解説していただきます。
13 - ロット番号2133

オークションレポート:19世紀ヨーロッパコイン最高落札額!

MDCの秋期オークション12&13が2023年10月11日~13日まで開催されました。出品総数は2523ロットでした。数々の素晴らしい結果の一部をご覧ください。
ワールド・フェア・オブ・マネーが行われた街、ピッツバーグ  Photo: EEJCC via Wikimedia Commons / CC BY-SA 4.0.

2023年のワールド・フェア・オブ・マネー、ピッツバーグで開催

コインの世界では、決められた国際的なイベントがいくつかあります。その一つが、アメリカン・ヌミスマティック・アソシエーション(ANA)が開催するワールド・フェア・オブ・マネーです。ウルズラ・カンプマンが、米国ピッツバーグで開催された2023年のフェアの模様をお届けします。

アトラス・ヌミスマティックス社、2023年11月の販売価格の最新情報

アトラス・ヌミスマティックス社(Atlas Numismatics)は新たに409枚の高品質のコイン・メダル・トークンを固定価格で販売します。
コンピューターがまだこのような形状だった頃、イングランド銀行はコンピューター化事業所を設置した。写真: Tekniska museet / CC BY 4.0.

忘れ去られたD-Day:「D-Day」とインフレ〔第8部〕

1971年、イギリスは143年間にわたる徹底的な検討の末、主要国の中で通貨を10進法化した最後の国家となりました。この注目すべき変化がどのようにして起こったかについては、こちらの新シリーズでサイモン・バイスウェイ氏に解説していただきます。

日本の造幣局に行ってきました → 日本造幣局 さいたま支局訪問記

日本ではまだ現金が重要な役割を担っています。そのため日本造幣局は、本局の他に2つの支局もあるのです。ウルズラ・カンプマンがさいたま支局に行ってきました。読者の皆様も、ご一緒に日本の造幣局をご覧ください!

オークション・プレヴュー : MDC社の秋期オークション

この秋、MDCモネ・ド・コレクション社は、オークション12 & 13を連続開催します。今回は、オークション13のコイン・メダル・紙幣セレクション全1983ロットから一部をご紹介!

全世界の希少品を揃えたガドリー社

モナコ・ガドリー社では、2023年10月14日に秋の大オークションを開催します。今回の目玉は、古代、フランス、イタリア、米国ですが、他のテーマでコレクションされている方もぜひカタログをご覧ください。さまざまな国の希少なコインが出品されています。

オークション・プレビュー:次回キューンカー社オークションのハイライト

2023年9月25日~29日まで、キューンカー社は4つのオークションを実施します。コレクターの皆様垂涎の特別コレクションが幾つも登場します。カタログの中にはドイツ・ヘッセン州およびオランダのコインが含まれています。さらに、ヨーロッパの金貨が大きなパートを占め、トリーア・コレクションと複数の肖像画を集めたコインの特別コレクションもあります。
error: Alert: Content selection is disabled!!