2022.12.07., 水曜日
Sponsored by

基本情報

日本貨幣関係史10:「日本銀行兌換銀券」の誕生と紙幣の統一

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします。

洗浄、緑青、ブロンズ病など コインの価格を左右する要素(その2)

コインの価格は、希少性と保存状態によってのみ決定されるものではありません。第1部で取り扱った鋳造不備の続きとして、本記事では使用形跡、洗浄、天候などの外的要因について解説いたします。

硬貨地板不備、影打ち、二度打ちなど コインの価格を左右する鋳造不備(その1)

コインの価格は、希少性と保存状態によってのみ決定されるものではありません。その他にも価格を上下させる要素があります。この記事は、よく出てくる用語を理解した上で、ご自身で使えるようになるためのガイドです。

日本貨幣関係史9:松方財政と「日本銀行」の設立

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします。

日本貨幣関係史8:国立銀行の設立

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします。

米国におけるコインのグレード制度:シェルドンスケール・鑑定会社・ホルダー

ヨーロッパに由来する典型的なコインのグレード制度は、米国ではほとんど使用されることがなくなってしまいました。それは、1970年以降、米国で世界中のコイン取引に強い影響を与えた様々な改革が進められたからです。本記事では、それらの改革とその成功の理由を解説いたします。

日本貨幣関係史7:為替会社の設立

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします。

オーストリアのカラフルな金属:ニオブ硬貨

2003年、オーストリア造幣局はコインの世界に興味深い性質をもつ新たな金属、ニオブを導入しました。この金属の成功の過程を以下でご紹介いたします。

日本貨幣関係史6:明治政権発足当初と紙幣改革

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします。

魅力的な釣り銭:画期的な米国の50州25セント硬貨 

米国は、50州25セント硬貨の発行をもって一般的なアメリカ人だけでなく、若い世代にまでコインに対する情熱を再燃させることに成功しました。このシリーズの特徴は何だったのか、本記事で回顧します。
error: