2022.08.11., 木曜日
Sponsored by

基本情報

日本貨幣関係史7:為替会社の設立

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします。

オーストリアのカラフルな金属:ニオブ硬貨

2003年、オーストリア造幣局はコインの世界に興味深い性質をもつ新たな金属、ニオブを導入しました。この金属の成功の過程を以下でご紹介いたします。

日本貨幣関係史6:明治政権発足当初と紙幣改革

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします。

魅力的な釣り銭:画期的な米国の50州25セント硬貨 

米国は、50州25セント硬貨の発行をもって一般的なアメリカ人だけでなく、若い世代にまでコインに対する情熱を再燃させることに成功しました。このシリーズの特徴は何だったのか、本記事で回顧します。

日本貨幣関係史5:明治政権発足当初の紙幣発行

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします。

意外と簡単なオークション出品方法

適正な価格で売りたいと思うコインをお持ちでしたら、オークションをお薦めいたします。この記事では、どのようにしてオークション会社を選んだら良いのかよく分からない方のために、実際に役に立つヒントをご紹介いたします。

最先端のコイン鋳造技術

今日のコイン鋳造においてはカラー着色、特殊な形状、インレー、微細文字、潜像、そしてホログラム等という様々な技術が使われています。それらの中でも潜像や微細文字、そしてカラー着色技術は通貨として流通しているコインにも適用されています。この記事では、今日のコイン鋳造の様々な技術を簡単にまとめてご紹介いたします。

日本貨幣関係史4:新貨条例と金本位制の採用の試み

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします。

日本貨幣関係史3:明治期における貨幣改革と圓の誕生

「日本貨幣関係史」でサイモン・ジェイムス・バイスウェイ氏による日本の貨幣史についての考察を連載でご紹介いたします

グレードとは何か?

本記事では、コインに興味をお持ちながらもコイン収集世界にまだ詳しくない方のために、極めて重要なテーマであるグレードの基本をご説明いたします。その際、注意すべき点や、読者の皆様から寄せられるよくある質問にもお答えいたします。
error: